スポンサーサイト

2016.07.20 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    F1 88年イギリスGP

    2016.05.07 Saturday

    0
      GW満喫中。


      ってことで、前回のデトロイトを早々に見終わって、
      マンセルファンとしては外せない?イギリスGPを見ることにしました。

      88年は皆さんご存知の通り、『セナ・プロ マクラーレン 』の一年でした。
      確か年間15勝だったか……まさに席巻!でした。

      さてマンセルはと言うと、ここまでリタイア続きで向かえたレース。
      そして母国で、なんと3年振りのウェットレース!
      予選は11番手、正直まったり期待してませんし、フロントローはベルガーでしたが、
      『またマクラーレンかなぁ』って思いながら、当時はだらだら見かけてたのを
      思い出しました。



      レースが始まると、意外に?ベルガーが頑張ってレースを引っ張ってましたが、
      中盤に差し掛かると、『燃費走行』せざるを得なくなり、ズルズル後退……
      セナがトップになり、『いつもの風景かぁ……』と思ってたら、後方でマンセルが
      もうプッシュしてる!

      『きたぁー!!!』

      この年初めての見せ場!
      全く信頼がないジャッドエンジンと、アクティブサス外して猛追!
      まくり倒し!
      タイヤ冷やすのに、わざとウェットあるライン取りが、余計に豪快に見えて、

      『あのマンセルが帰ってきたぁー!』

      当時夜中に大興奮でした(笑)

      ターボ車の燃費問題が無ければベルガーが勝ってたレースのはずだった……
      燃費でレースの面白味が薄れたって思ってたかなぁ……
      そんなことも思い出されました。

      次はイタリアGPにしようか(笑)


      また。

      スポンサーサイト

      2016.07.20 Wednesday

      0
        関連する記事
        コメント
        コメントする